カニフライ

子供の頃の給食は、今みたいに凝ったおかずやオシャレなメニューはなく、コッペパンを1本素っ気なく出したり、袋の中でガチガチに固まったソフト麺を頑張ってほぐしたり、冷凍ミカンを出したりとしていたけど、その給食の中でインパクトが高かったのが、カニフライかな?
 
カニフライと聞くと豪華な響きに感じてしまうだろうけど、実際はそうでもなく、カニの缶詰に使われそうなカニのみに、少しクリームを足してフライにして揚げた食べ物で、食べてみるとカニの風味は強いけど、触感はパサパサしていていました。
フライなので長く揚げていると、端っこの部分が硬くなっていて、これがメインのおかずにして出されることもあり、子供ながらにインパクトが高いおかずだったなと思いますね。
 
これと同じくらいに、若干太めのハムを1枚スライスしてフライにするハムカツというおかずもあったけど、よくよく考えてみると、当時は食べ盛りの子供のお腹を満たす為に、フライのメニューも多かったなと感じてしまいましたね~
カニの注文には・・・http://xn--u8j4cw574af6d33e.net/